2014年03月09日

Good でイロイロ


Length: 12 minutes 45 seconds
Personality: Kumiko Omori
BGM:
Creepin' In-Norah Jones
ABC-Jackson 5
Comfort Me-Tuck and Patti
The A Team-Ed Sheeran

訂正: Podcastにて、日曜の夜中から月曜にかけてサマータイムが開始すると話していますが、正しくは、土曜の夜中からです。
時計を一時間前進させます。日本との時差は16時間となります。

-----


こんにちは。
3月なのに、あいもかわらず冬が終わらないバンクーバーでございます。
通常、この時期になると日本よりも早くに桜が開花するのですがね、
まったく咲く気配がありません。春よ、来いーーーー!



この前ね、ふと「焦り」について考えたんです。
誰かと英語を話している際に感じる焦り。
会話していて、相手が話していることに対して沢山反応したいし、
自分の意見を述べたい。。。でも口からうまく出てこない。という焦り。
出てきても、それがちゃんと自分の伝えたいことであるか、という焦り。

確かにね、的確な単語を使って言いたいことを伝えたり、
綺麗に発音することをゴールにすることは大事なのです。
でも、だからといって「それが達成できてない」と思えてきて焦る必要は
一切ないのだ、と改めて気づかされました。

コミュニケーションは30%が言葉、70%がボディーランゲージで成り立ちます。
言いたいことの大半は、態度で決まる、といっても過言ではないでしょうね。
なので、言葉だけのコミュニケーションに固執する必要はない、と思うのです。

相手のペースに合わせて反応する必要は一切なくてね。
会話の際、相手の話を「聞く」ことで焦りはだいぶ軽減されます。
ただ聞く、といってもこれは立派なコミュニケーションなのです。
話すこと=単語やフレーズを使うこと、これはアウトプットで、すごく大事。
でも、バランスよくインプットも必要なのですよ。

「聞いているんだよ」という態度は相手にも信頼感を与えます。
相手の話を聞きたかったら、必然的にそういう態度がボディーランゲージで
伝わりますよね。

なので、「焦る必要のない」コミュニケーションを心がけてくださいな。
It takes two to tango (^^)

---

さてさて、
昨晩、野菜ジュースを作った時に未開封のココナッツウォーターを使おうと
棚から出したら賞味期限切れで泣く泣く廃棄いたしました…泣
ちなみに、、、ココナッツウォーターの賞味期限は2月5日でした(てか、
一ヶ月も前!もっと早く気づこうよってね・・・。)

The coconut water was good until February 5th..... Oh well... (仕方ないか…)

↑今日はですね、この文にもある、goodを使ったフレーズを幾つか紹介いたしますぞ。
(「=」は、in other words (別表現では)の略です)

'Good until / till ---' = ---まで期限がある
上の例文もそうですが、
His passport is good till 2018. (= His passport expires in 2018)
という表現もできます。

'For good' = 半永久的に(ずっと)
I'm going back to Japan for good.(= I am going back to Japan permanently)

'Good call' = いい判断・いいアイディア
Hey, you made a good call just then.(= You made a good decision/You came up with a good idea)

'Good to go' = (出番・出荷・搬出等の)準備が整った・できる
Those sandwiches are good to go.(= You can take those sandwiches away)

'Good for ---(期間)' = (---の期間は)使える・期限がある
Your ID is good for a year.(= Please renew your ID after a year/ Your ID is valid for a year)

どうでしょうか?今回は身近で使えそうなgoodのフレーズ五つを紹介しました☻

今度は、あなたが作った例文も是非シェアして下さいな^_^
Try using them for your own good practice!



posted by 大森くみこ at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る聞くフレーズ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック